Leger & obscurite
lgrobscrt.exblog.jp
  ブログトップ
旦那が隠すネットの女友達
2005年 11月 22日 |
はーっ、やりきれない。。

また旦那に騙された。

隠されて、嘘付かれてた。



大きな価値観の違い。

わたしはなんでもオープンに話してしまうタイプ。

旦那はなんでも隠す、話さないタイプ。



彼はネットが好き。ネット友達が多い。

付き合った当初からそう。

しかも、知る限り、女の子の割合のほうが多い。


何度、そのことで話し合ってきたのだろう。

わたし自身男友達が多い。

別に女友達を作るなとは言わない。

だけど、わたしの知らないところでこそこそと隠して付き合う友達に何の意味がある?

顔も知らないネットで知り合っただけの人。

そんな人にいとも簡単に自分の携帯番号とアドレスを教えてしまう旦那。

何もやましいことは話していない。

そういうならなぜわたしに話せない?

隠すから気になる。

『こういうサイトでこういう人と知り合って話しをしている。』

なぜこれだけのことを話してくれないの?



今まで何度も「もうしない、がんばって話すようにする。」と彼は言った。

いつだったかもそれで大喧嘩をした。

「二度と嘘ついて隠すことはしない」と自分から勝手に誓約書まで書いて渡した。

なのに、それから一年も経っていない。

また同じことの繰り返し。



友達を作りたければ作ればいい。

友達が多いに越したことはないんだから。



今はまだ会うこともないネットだけの関係だという。

なのに友達になりたい。

いずれ遊ぶかもしれない。

でも今はネットだけだから隠していた、と言った。

なのにいずれ会うことになった時、

わたしが知らなければ男同士で遊んで来る、と間違いなく彼は言うだろう。

その中に女の子が混ざっていても。

彼は自分でもそれを認めた。



なぜわたしに隠してまで同じことを繰返して裏切ってばかりいるの?

浮気していない、ただの友達、と自信を持って言えるなら知り合ったことくらい話してくれたっていい。

いずれ友達になって直接遊ぶようになってもわたしには嘘を突き通してその人と仲良くするの?

わたしに隠してまで作りたい友達がいるなら、わたしは必要ない。



夫婦間で隠し事がないのが理想だ。

それでも別々の人間。

多少の隠し事はしょうがないと思う。

だけど、意図的に隠し、ばれたら相手が間違いなく傷つくであろう事柄を平気で隠す旦那が信じられない。




そして彼は人の相談に乗ってあげるのが好きだ。

それはとてもいいことだと思う。

でも、仕事だと嘘をついて残業している間、わたしが苦しんでいることなんて全然気づきもせず、

彼はネットだけの誰かにせっせとアドバイスをしている。

何かおかしくないか?

ほんとに自分が大切だと思っている人が何を考え、どういう気持ちでいるか全く考えようとも、

察知しようともせず、気づくこともできない彼が、全く見ず知らずの人には親身に相談に乗っている。

誰かに頼って欲しい、頼られる自分に陶酔する、ただの自己満足にしか見えない。

わたしにとっては何も助けてくれない、相談に乗ってもくれない全く頼りがいのない人。

なのに、ネットではとても頼れるお兄さんの彼。

何がしたいの?何になりたいの?

自分の一番近くにいる人が本当に必要としている時にいつも傍にいることができず、

助けることもできない彼がどうして他の人の心配ばかりしていられるの?

それで満足?

彼にとってはわたしよりもネットで助けを求めている全く知らない人のほうが大事?

誰に必要とされたいの?



旦那には、わたしが受けたのと同じ仕打ちをしたところで全く効果がない。

自分がされても気にならないから相手に平気でできるんだから。

どうやったらこんな旦那にわたしの気持ちを分かってもらうことができるんだろう?



「もう隠さない」「なんでも話す」

約束した次の日にはころっと忘れて、また時間が経てば同じことの繰り返し。

わたしはわたしで「あまり気にしすぎない」と約束した。

最近昔ほどほんとに気にしなくなった。

それだけ裏切られ過ぎて関心がなくなってきたのかもしれない。

それでもまだ同じことでけんかするのはほんとにばかだなーと思う。

けど、知らないところでなら何されてもいい、という気持ちには到底なれない。

わたしはそんなできた人間じゃない。

出会いは大切。

でも、それを隠さなければいけないような出会いってそんなに大切?

わたしには分からない。。


この大きな価値観の違いの溝が埋まることはあるのだろうか…。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かなり感情のままに書いたから読みにくい文章でごめんなさい。

とにかくこの気持ちを文章にしてみたかった。

いつもこういうところにはここまでのことは書かない。

けれど、今日はいつものとこより一歩踏み出して書いてみた。

読んだ皆さんが気分を害したらごめんなさい。

でも、昨日一晩これでけんかして、ほぼ一睡もしていないわたしのせめてもの叫びを誰かに聞いて欲しかった。

言葉にして今の思いを残しておきたかった。

彼には言いたいことは全て言っているから不満はない。

それでも全く理解し合えないけんか、話し合いに最近ほんとに疲れてきた…。
[PR]
by moonraito | 2005-11-22 12:35 | 日記 |
<< 旦那に課せられた約束 ページトップ 結婚記念日の贈り物 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Oborozakura Skin by Sun&Moon