Leger & obscurite
lgrobscrt.exblog.jp
  ブログトップ
『速読』を習得したい!
2005年 01月 20日 |
WHAT?/速読とは?

『速読』をご存知でしょうか?
既に数年前から結構話題になっていますが、実際に習得された方はいますか?

この速読、実際に身につけたらすごく便利だな、と最近特に思っています。

この業界に限らないと思いますが、仕事って日々勉強の積み重ねですよね。
読まなければいけない資料や本も膨大な量があります。
しかし、時間的余裕はあまりありません。
少しでも短い時間で多くの本を読み、内容を理解し、実践に生かすことが求められます。

わたしは1月から転職しました。同じ業界(プログラマ)です。
ここでは主にJAVAをメインに色々な言語を扱っています。
しかし、わたしのJAVA経験は2年ほど前にたった数ヶ月。
そのため、1から勉強しなおしたいと考えています。

その矢先、新しいPJで使用する言語はPHPになりました。
これまた経験したことのない言語です。
Perlは2年程やっていたのでPHPの習得はさほど苦ではないと
思うのですが、それでもとりあえず基礎をざっと勉強したい。

そこで時間がないな、と。
元々本を読むのは人一倍遅い人です。
わたしが漫画一冊読んでいる間に友達や旦那は二冊読み終わっているくらい。

プログラミングは本を読んでいるだけでは身につきません。
少しでも多くの実践が必要です。
だからこそ、本を読んで基礎を理解する段階に多くの時間を費やす余裕がありません。

常に新しいことに挑戦し覚えていかなければならない業界にいるからこそ、
『速読』を本気でやってみたい、という気になりました。
それ以外にも、読書が好きで読みたい本も溜まっているから、という理由もあります。



『速読』は冒頭のリンク先に説明があるように、一文字一文字を音読するのではなく、
ページ全体を一つの映像として捉え、そのイメージを心の奥深くの箱にしまい、
心の中で情報を処理・整理していく技術です。

一昨日夜、帰りがけに『本がいままでの10倍早く読める方法
という本を購入し、早速読んでみました。

実際にはたくさんのトレーニングを行って少しづつ速読技術を理解し、心と体を
対応させていくことが速読の習得につながります。

目のトレーニング、呼吸法のトレーニング、心を落ち着け心の奥深くにイメージを
しまいこむスペースを作るトレーニング、1ページをイメージとして取り込むトレーニング、
などなど。日々のトレーニングが必要なものばかりです。

トレーニングの項目も半端ではないため、結構大変そうかな~と思うのですが、
とりあえずこの本を読んでがんばってみたいと思います。

タイトル通り、この本でしっかり学べば10倍早く読めるようです。

ちなみに、昨日トレーニングを始める前に計った記録は
【一分間で545文字】でした。
通常の一般平均は500文字程度。
作者が調べたところでは800~900文字程度のようです。

この作者が所属するSRSでの基準は初級で【1万字(約20ページ)/1分間】です。
まずはここを目指します。


ところでこの『速読』ですが、Googleで検索してみると色んな団体が出てきます。
方法が少しづつ違うようなのです。
これで一体どこの方式でやればいいのか迷っています。

しかし、とりあえず本を買ったので、この本の作者が設立した【SRS研究所】での方法論に
則って実践してみようと思います。

でも、『速読』の教室って高いです。
10万前後が多いのです。

そこで、【ユーキャン】を調べてみたら通信講座が安い。
以前、『カラーコーディネーター』の講座を受講していたので
ユーキャンなら不安はあまりありません。
なので、ユーキャンの『新・速読』講座の資料請求をしてみました。


情報化社会の現代だからこそ、たくさんの情報をうまく収集して
自分の糧にしていきたいと最近強く思います。
今のところやる気満々のわたしでした(笑)
[PR]
by moonraito | 2005-01-20 11:22 | 日記 |
<< 招待状完成!~結婚式までの道のり4~ ページトップ 招待状:返信はがきの作成~結婚... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Oborozakura Skin by Sun&Moon